• 無添加ヘナで白髪染め * ピアオンライン
  • 感謝のお便り&レビュー:592件 >> 詳しく見る
  • お気に入り!ご登録会員数:3,121名(月1回更新)
  • 信頼と実績のヘナ専門店ピアエンタープライズ
ピアのヘナで髪のトラブルを解決!
15%OFFになる!ピアオンライン 無料会員登録
ヘナ単品1点から15%OFF

無 料 会 員 登 録

ヘナをもっとお得に!

楽天ペイ
Spring Campaign 2018 開催中!
母の日クーポン 200円OFF
\ 5月中はポイント増量! /
レビューキャンペーン開催中です!
すべてのヘナ製品

ヘナのご使用方法はこちら

ヘナ初体験 | Read me
ヘナを初めてご使用になる方へ
  • ヘナを色で選ぶ
  • ヘナの発色から選ぶ
  • ライトブラウン
  • ヘナ×ライトブラウン
  • ブラウン(淡)
  • ヘナ×赤味を抑えたブラウン
  • ブラウン(濃)
  • ヘナ×落ち着いた色調のブラウン
  • ダークブラウン
  • ヘナ×赤色を抑えたダークブラウン
  • ブラック
  • ヘナ×黒すぎないブラック
  • ブレンド | お好みの色に調整したい方用
  • ヘナ×髪色を自分で調整する



メルマガ登録
かの子のハーバルヘナシリーズとは?
 
2009年10月、成田を発って10時間余りの空の旅。インドに早く無事に着いてと何回時計を見ることやら、2回目の食事も済み、うとうとしている間にデリー空港に着きました。入国手続も終え、長いゲートを歩いて出入口に着いたと同時に「オーナー、オーナー」と私を呼ぶなつかしい声が聞こえてきます。ジャマールさんが私を見つけてくれたんだ、どこだ、あそこだ、いた。確認するなり一目散に駆け寄りました。2年ぶりの対面です。無事に着いて、ジャマールさんに会えてひと安心。ほっと肩の荷がおりました。
 デリー国際空港のスケールの大きい変貌には驚きました。完成したら以前の空港の10倍以上の広さになるそうです。世界でも大切な空港になると話されていました。驚き、桃の木、山椒の木などは言っていられません。余りの驚きで私は一瞬、浦島太郎になりました。ここはデリー空港で間違いないねと自分に言い聞かせたほどです。とにかく広く、明るく、きれいになりました。空港ビル全体がファッション化され、夢と活力に満ち溢れ、こころよい気の流れが不安を取り除いてくれました。やっぱり空港はこうではないと。第一歩踏み入れた時の心地良い印象が全てを物語っている様に思います。大切だなとつくづく感じ取りました。空港からホテルまで車で約40分、見わたす限り工事のラッシュです。ビル建設に地下鉄工事に道路拡張工事と盆と正月が一緒に来た位の活気は、労働者の人・人・人の動きです。工事に必要な最新機械も見当たらず、人・人・人の結集の労力が国を築きあげているのかと思うと、インドの方の底知れずのねばり強さに脱帽です。完成が待たれます。
 二ヶ月前のニュースで南インド地方は例年にない大雨が起こり、洪水がいたる所で発生していると知りました。しかもヘナの本場であるソージャット地方には雨が降らず、雨量の少ない事も知りました。私はインドスタッフにすぐ電話でヘナ畑の様子を伺いました。本来この時期、ヘナの葉の成長においては何をおいても雨の恵みが大事で必要なのです。話の内容では、「雨は非常に少ないが、雨期の期間が終わったわけではないので大丈夫です。私達も注意深く見ていますので何かあったら連絡し、手配しますので、オーナーそんなに心配しないで」との事でした。一瞬ほっとしましたが、やはり気になり、今回の旅が始まったのです。
 4回目の訪問ですが、いつも感動を受ける景色を思い出しながらジョドプールのホテルより、ノンストップで2時間半、車を飛ばしました。見渡す限りヘナ畑のヘナの葉が太陽の光に反射し、風に吹かれ、淡いグリーンの葉が波を打ちながら私を待っていてくれる…そんな期待は外れました。ヘナの木は全然見当りません。刈取られたヘナの木のかぶちだけが、ひび割れた粘度土に残っていました。雨が降ってくれればこのかぶちからも新芽が出てきて、刈取られ、収穫ができるのですが、それも出来ませんと言っておられました。話を伺うと、9月中に刈入れは全部終わったとの事。雨を待っていても、この暑さではヘナの木も葉も傷めるだけなので、早目に刈入れをしなければならず、時間との戦いと話しておりました。「オーナーが日本からインドまで来て、ヘナの木が全然ないとがっかりし、悲しむだろうから、ここだけは刈取りをしないで残しておきましたので、どうかヘナにご対面してください」と案内して頂いた時のインドの人々の心やさしい気づかいに感動し、感謝せずにはいられませんでした。
 7月にまいたヘナが15cm〜20儖未泙任飽蕕辰討い泙靴拭A霄茲蠅亮蠧れをしている所です。草取りといっても、草を取るのではなく、くわを入れ、草と砂を掘りそれを裏返しているのです。サリーを着たおばちゃんや若い娘さん達の明るい会話が楽しそうで、言葉の通じない私までが楽しくなり、仲間に入れさせてもらいました。広く青く澄んだ空の下で久しぶりに心から笑いこけました。
 ヘナの木をよくみると、いつもは私の首が隠れてしまう位に成長しているのに、30〜50cm低く葉もひとまわり小さく感じられました。 ヘナにとって大切なのは天からの恵みの雨と、灼熱の太陽の強い日差しです。特に6月〜9月の雨期には、まとまった雨がたっぷり降ってくれる事を願い祈っているのです。10月に入れば雨期も明け乾期に入りますので、ヘナの葉を雨にぬらす事もなく安心して刈入れが出来るのです。刈取ったヘナはすぐ、あたり一面に広げて干します。乾いた葉は、棒でたたいて1枚も残らずすべて落とし、それから麻袋に詰めます。□ 刈入れのタイミング□ 干す時間のタイミング(干しすぎてもいけないし、短すぎてもいけない)□ 干している時に雨に降られない事(ヘナの葉をぬらしてはいけない)これらにより、ヘナに含まれる色素(ローソン)は変わらないが、葉の色の差ができると話してくださいました。麻袋に詰められたヘナは注文ごとにパウダー状にするので、多少の色の差はありますと言っておられました。知らない事とはいえ、今まで随分いいたい事を言ってきて申し分けなかったと反省しています。
 ヘナ農場の方々、ヘナ工場の方々、初めてインドを訪れた時のスタッフの方々がいつまでも働いておられ、インドの旅を安心させてくれます。私のそばからずっと離れずにいた15才のあどけなかい少女がママになっていました。思わず赤ちゃんを抱きしめました。丸々太った瞳の大きい、かわいい男の子です。だきながら今度インドを訪れる時、この子はいくつになって、どの位大きくなっているのかしら?と思いました。ソージャット行きの楽しみも増えましたね。
別れ際にあの子の一言。「オーナー、来年も来てね」頭に残り忘れる事ができません。
2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
が定休日です。
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
が定休日です。
★ ★ ★
製品レビュー
move to
customer
reviews blog.